【USUM】シーズン8使用構築 ジャロバシャガルーラ偽装対面【最終最高2126 25位】

はじめまして、げでまる(@gedemaru)と申します。

今回はUSUM環境で自身初となる2100を達成することが出来たので構築を紹介したいと思います。

f:id:Gedemaru_poke:20180311154617p:plain

 【構築経緯・コンセプト】

今回のパーティのテーマは「選出画面で相手が嫌な顔をするパーティ」です。相手にすると嫌な構築というのは人それぞれだと思いますが、私はバレバレのバトンパとオニゴーリに負けるのが一番嫌だったのでバトン偽装+オニゴーリの対面構築という形を取りました。

コンボパーツとアタッカーとの区別が付き辛いf:id:Gedemaru_poke:20180311161157p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161155p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161152p:plainにカバマンダ系統や受け回し系に強めなf:id:Gedemaru_poke:20180311123440p:plainを合わせて構築を組み始め、オニゴーリやバトンパに対する崩し役としてf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plainを、ストッパーとしてf:id:Gedemaru_poke:20180311161203p:plainを採用してパーティが完成しました。

相手にf:id:Gedemaru_poke:20180311161157p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161155p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161152p:plainorf:id:Gedemaru_poke:20180311161157p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311123440p:plainの択を迫り選出を乱した上で、こちらのスタンダードなパワーを押し付けていくというのがパーティのコンセプトになります。

 

【各個体の紹介】(以下常体)

 

f:id:Gedemaru_poke:20180311161157p:plain

ジャローダ@ラムのみ おくびょう あまのじゃく

151(4)-x-115-127(252)-115-181(252)

リーフストーム/へびにらみ/めざめるパワー氷/ギガドレイン

 

f:id:Gedemaru_poke:20180311181824p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311181827p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311181821p:plainの組み合わせを強くメタった型。主にカバルドンに後投げしてリフストからの相手パーティ半壊を狙っていく。C2段階上昇のめざ氷でもH197-D130マンダを落とすことは出来ないが、砂ダメやリフストへの受け出しによって削りが入った状態で対面することが多かったため撃ち漏らす場面はほぼゼロだった。

ギガドレインは10万ボルトZコケコとの対面で一方負けすることを防ぐために採用。エレキフィールド10万Z最高乱数+マジカルシャインorめざ氷orA121とんぼ返りが最高乱数かつギガドレインが低乱数でなければ生き残ることが出来る。ラムのみによって不意の異常状態で機能停止することを防ぐことが出来たため、非常に安定した対策枠として運用することが出来た。

 

 

f:id:Gedemaru_poke:20180311161155p:plain

バシャーモきあいのタスキ むじゃき かそく

155-141(4)-90-162(252)-81-145(252)

だいもんじ/がんせきふうじ/ばかぢから/めざめるパワー氷

 

初見殺し。メガガルーラと共存させたかったのでメガではなく襷型の通常バシャーモを選択。 序盤の荒らし役、襷を活かした強引なストッパー役として運用していた。初手投げするとバトン役だと勘違いされやすく、相手の読み外しによって多くの勝ち星を稼ぐことが出来た。

C無補正で火力が足りないため火炎放射ではなく大文字を採用。岩石封じはリザードンウルガモスに対する打点、スカーフ持ちの高速アタッカーf:id:Gedemaru_poke:20180311181821p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180312113740p:plainを1加速で追い抜くため、最低限の起点作成+起点回避技として使用していた。

 

 

f:id:Gedemaru_poke:20180311161152p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト いじっぱり おやこあい(きもったま) 

211(244)-189(212)-121(4)-x-122(12)-125(36) ※メガ後

ねこだまし/ほのおのパンチ/れいとうパンチ/すてみタックル

 

H-Df:id:Gedemaru_poke:20180311181821p:plainC147EF下の10万Z確定耐え

B<D DL対策

S 最速テッカグヤ抜き

構築の主軸であり序盤の荒らし役。10万Zコケコとは相打ちになりHB眼鏡テテフには一方を取られてしまうが、とにかく火力が欲しかったので恩返しではなく捨て身を採用した。

攻撃範囲を広げるためにホンチとレンチを採用。羽休めを連打するf:id:Gedemaru_poke:20180311181827p:plainを凍らせたりf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plainを燃やしたりと親子愛の強力さを改めて実感できた。

 

 

f:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plain

ミミッキュミミッキュZ ようき ばけのかわ

135(36)-128(140)-110(76)-x-126(4)-162(252)

じゃれつく/かげうち/みちづれ/のろい

 

H-Bf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plainA156シャドークロー確定耐え

A 余り

S 最速

タイマンの鬼でありバトン系やオニゴーリに対するメタ。特に今期はオニゴーリが非常に多く、無対策のままでは即負けに繋がるため対策枠は必須であると感じた。H-Bの耐久ラインは相手の襷ミミッキュを意識して調整。ミミッキュZ+影打ちと呪いによって1:1.5程度の交換を決めやすく、対面構築に相応しいポケモンであると感じた。

またミミッキュの道連れはほぼ読まれることがなく、選出の都合で重くなりがちな相手f:id:Gedemaru_poke:20180313030852p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313030857p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313030900p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180312115411p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313030940p:plainを強引に持っていくことが出来た。

 

 

f:id:Gedemaru_poke:20180311161203p:plain

ギルガルドじゃくてんほけん のんき バトルスイッチ

167(252)-70-222(252)-71(4)-170-65     シールドフォルム

167(252)-170-112(252)-171(4)-70-65 ブレードフォルム

キングシールド/かげうち/せいなるつるぎ/シャドーボール

 

物理メガ進化ポケモンと受けループ対策枠。HBにすることでf:id:Gedemaru_poke:20180313112441p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313112444p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313112447p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313112450p:plainのA1~2段階上昇の地震を耐えて返り討ちにすることが出来る。意地っ張り噛み砕くは厳しいがキングシールドとの択に持ち込むことで対応していた。

またブレードフォルム時の耐久がとてつもなく上昇しているためf:id:Gedemaru_poke:20180313112706p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313112712p:plainのA無振り地震を耐えることも可能となっている。グライオンが陽気であればf:id:Gedemaru_poke:20180313113234p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313113237p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180313112706p:plainの組み合わせはこのポケモン1体で見ることが出来るため受けル対策としても活躍していた。弱点保険未発動時の火力が低いのはご愛嬌。

 

 

f:id:Gedemaru_poke:20180311123440p:plain

オニゴーリ@たべのこし おくびょう ムラっけ

177(172)-x-100-100-111(84)-145(252)

まもる/ぜったいれいど/フリーズドライ/みがわり

 

余りはD。低速サイクル系のPTやf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plain不在のPT、負けた相手との再戦時には積極的に選出していた。相手をしっかり選べば自分に有利な確率ゲーを展開でき、どんなに不利な状況でも勝ち筋を作り出せることがこのポケモンの強みであると思う。

 

 

【選出パターン】

f:id:Gedemaru_poke:20180311161152p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161203p:plain

基本選出。ガモスがいる場合はガルドの枠をバシャに変更。 

f:id:Gedemaru_poke:20180311161155p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plain+f:id:Gedemaru_poke:20180311161152p:plainorf:id:Gedemaru_poke:20180311161203p:plain

サザングロス、ポリクチなどバシャーモがぶっ刺さりの場合。

f:id:Gedemaru_poke:20180311161152p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161157p:plain+f:id:Gedemaru_poke:20180311161203p:plainorf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plain

カバマンダ系統に対して。カミツルギがいなければミミッキュ

f:id:Gedemaru_poke:20180311161152p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311123440p:plain

対バトンパ。ガルーラで起点役を潰し、ミミッキュでバトン役に呪いを入れたら即ゴーリバックして展開。

f:id:Gedemaru_poke:20180311161203p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311123440p:plain

対受けループ。ドヒドイデが出てきたら火傷を引いても構わないので即ゴーリバック。そうしなければ毒菱で勝ち筋が失われてしまう。

f:id:Gedemaru_poke:20180311161157p:plainf:id:Gedemaru_poke:20180311123440p:plain+f:id:Gedemaru_poke:20180311161200p:plainorf:id:Gedemaru_poke:20180311161203p:plain

運試しをしたい時に。選出時にどうしても無理な相手と悟った場合にもこれ。

 

 

【重かったポケモン

f:id:Gedemaru_poke:20180313125229p:plain 最速鬼羽ニトチャ型リザX。鬼火を避けるぐらいしか勝ち筋がない。

f:id:Gedemaru_poke:20180311181824p:plain+f:id:Gedemaru_poke:20180312113735p:plain HBゴツメカバ+リザY。ドヤ顔ジャローダ投げがほぼ機能しない。

f:id:Gedemaru_poke:20180313125552p:plain

耐久振りサンダー。ミミッキュで1:1交換しないと勝てないが呪いを入れてもすぐ逃げられてしまい、再登場時の羽休めで回復されてしまう。ナットレイミミッキュと組んでいることも多く、あまりゴーリを選出できなかった。

 

 

【最終結果】

TN げでまる 最高最終2126 25位

TN Re;birth day 最高2120 最終2114 41位

f:id:Gedemaru_poke:20180313171239p:plain

f:id:Gedemaru_poke:20180313171243p:plain

 

 

【終わりに】

デフレシーズンと言われる中で自身の最高レート+最高順位を更新することができ、2ロム2100を達成することが出来たため非常に満足の行く結果となりました。次のシーズンからは更に上を目標として頑張りたいと思います。

今回の構築を組むにあたって、多くの方の配信や生放送を参考にさせていただきました。1人でゼロから構築を組むのは本当に大変だったので、これからはいろんな方との交流を通して情報交換をしていけたらなあと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました。質問やコメント等がありましたらTwitter@gedemaruまでお願いします。