おもちゃ供養

f:id:Gedemaru_poke:20181115012321j:plain

                               ※画像はイメージです

 

 

 

①水技切り身代わりメガカメックス

f:id:Gedemaru_poke:20181115012828j:plain

対面構築で崩しづらいサイクル、特にブラッキー入りを崩すために採用した。一致イカサマで身代わりがほぼ壊れず、ゲンガーマンダとも打ち合えるためある程度の活躍はできた。しかし水タイプとしての役割を果たすことができずミミッキュにも弱いため数戦でお蔵入りとなった。

 

 

 

 

②秘密の力HDポリ2

f:id:Gedemaru_poke:20181115013507j:plain

八つ当たりでガモスに燃やされたときの哀しみから生まれたポケモン。空元気では面白みがないため非接触かつ後続サポートにもなる秘密の力を採用した。よくあるガモスの木の実を発動させず秘密3発で持っていくことができる。ギガドレで確定数をずらされたり、コケコゲッコウガへの遂行速度が遅くなり試合が崩壊する等の大活躍を見せてくれた。

 

 

 

 

③チョッキガルド

f:id:Gedemaru_poke:20181115014220j:plain

襷ガルドを使っていたがメタグロスに投げることが多く、襷が無駄になりがちであった。そこである程度物理相手へのサイクルに参加でき、高火力特殊との打ち合いも出来るチョッキ型を採用した。調整意図は不明。数戦終えた後に光の速さでボックスへと直帰した。

 

 

 

 

④きけんよちナットレイ

f:id:Gedemaru_poke:20181115014852j:plain

ペリラグで採用。ミミッキュ相手にはトゲが無くても勝てること、ボーマンダやレヒレテテフ、呪いカビゴンの炎技に崩されないことが重要だと考えて危険予知で採用した。しかしいざ使ってみると鉄トゲが無いことで打ち負ける場面が多く、ナットレイとしての役割を果たせていないと感じた。危険予知はマフォクシー相手に1度だけ発動した。

 

 

 

 

 

⑤猫の手胞子PT用マリルリ

f:id:Gedemaru_poke:20181115015313j:plain

HDはテテフのムンフォ2耐えライン、AはテテフをミズZ1発で飛ばせるラインで調整。猫の手パでは対処が難しいジャラランガの一貫を切ることが出来るコマでもある。このポケモン自体は上の4体とは違いそこまで悪くはないが、猫の手PT自体が逆風を受けていたためシーズン序盤で解雇となった。

 

 

S13は中乱数で頑張ります。